バイアグラを薬局以外で購入する

バイアグラは薬局ですぐに買える?

バイアグラは1998年にアメリカで販売が開始され、マスコミやネットの情報を通して、勃起不全を解消する夢の薬ということで話題になり、日本でも個人輸入代行業者により手に入れることが出来るようになりました。
この後、日本国内での臨床試験は行われず、アメリカの承認データを用いるスピード審査により、1999年に製造承認され、日本でもファイザー社から医療機関向けに販売されるようになりました。
これは、バイアグラは血管を拡張させるので、ニトログリセリンなどの血管を拡張させる薬と一緒に服用すると、血管が拡張しすぎて血圧が急激に低下し、死に至る危険もあることから、乱用による事故を防止するため、国の規制下に置くことが目的だったようです。
バイアグラ自体は決して危険な薬というわけではないのですが、セックスという行為が、心臓に負担をかけるものであり、この際に心臓に何がしかの疾患を抱える人が、バイアグラを服用するのは危険ということで、安全性を図るために医師の診断・処方箋が必要な医療用医薬品として正規に販売されることになったのです。
これ以降は、日本では薬局でバイアグラを購入するには、医師の処方箋が必要となっています。
まず病院で診察を受けた上で、服用に問題ないとされたのなら、処方箋を書いてもらい、薬局に持参して購入する、というのが日本では正規の入手方法になります。
診断を受け、ファイザー製薬の正規品を購入するので安心して使用できますが、診察に伴う検査などの費用には保険が適用されるものの、薬局での購入代金には保険は適用されません。
ちなみに、他のED治療薬のシアリスやレビトラも同様の扱いになります。
また、病院でファイザー製薬の錠剤を処方してもらう場合は100mgではありません。
海外では100mgが最大量となっておりますが、日本ではまだ100mg錠は認可されていないため通常では50mg錠が処方されます。
日本人は欧米人よりも体格が小さいこともあり、50mgでも十分その作用を体感できると判断されたのだと思われます。

 

バイアグラを通販で購入するならここ

バイアグラはなぜ高いの?

バイアグラは薬ですが、病気を根本的に治療するためのものではなく、勃起不全を解消し、豊かな性生活を得るため、いわば生活改善のためのものであることから、医療保険は適用されていません。
このため、ばいあぐらの正規品を購入するとなると、価格的に他の薬と比べても結構高くなっています。
購入する医療機関によって多少の違いはありますが、相場としては一錠1500〜2000円くらいとなっています。
場合によっては3000円以上のところもあり、これに、さらに医療機関での診察代などもかかることになります。
でも、せっかく処方箋まで書いてもらったのなら、購入せざるを得なくなるでしょう。
ただ、普通の薬局に処方箋を持っていっても置いていないところが多いので、医療機関で処方箋をもらい、処方箋薬局に持っていって購入します。
服用しても問題なく、はっきり効果が感じられ、継続的に使用したいのなら、次回は通販などのサイトを通して購入するのも一つの方法でしょう。
また、病院に行く時間がないとか、やはり病院で診察を受けるのは恥ずかしい、という人でも、通販なら誰にも知られずに購入できます。
バイアグラを購入できる通販のサイトが数多くあるのは、こうした理由からでしょう。

バイアグラを安く購入する

バイアグラ 通販サイトや個人輸入サイトでED薬を取り扱っているは数多くありますが、やはり信頼できるところから購入する必要があります。
また、あまりに価格的に安いところも避けるべきです。
それでも、継続的に使用するので、できるだけ価格を抑えたいというのなら、ジェネリック医薬品もおすすめでしょう。
現在手に入るジェネリック医薬品はインドで製造されたものですが、インドのジェネリック医薬品は品質的にも問題はなく、世界中で使用されています。
成分的にもバイアグラと同じクエン酸シルデナフィルが使われているので、同じ効果が期待できます。
価格的にも、1錠あたり500円くらいと、かなりお得となっています。
製品によっては、早漏防止の成分も配合されていたり、正規品よりも効果の持続時間が長いとされるものもあります。
自分の使用目的に合わせ、いくつかあるジェネリック医薬品から選ぶと良いでしょう。
実際に使用してみた人の口コミなどを見ても、効果に満足する声が殆どのようです。